忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

現在、新しいコメントを受け付けない設定になっています。

一眼レフはコンデジに抜かれるのか?

一眼レフはコンデジに抜かれるのか?



どうでしょう?





フルサイズで20万円もするコンデジが売れるようです。


ライカ社のカメラなんてもっと高いですが、一眼ではないです。



そういうプレミアムな価値じゃなくて、実用品で


コンデジが高いわけです。


それだけ金を払っても欲しいと。


それは、スマホだって、ノートPCだって


小さくて軽いほうがいいに決まっている。


重いほうがホールド感があっていい。


でも、ブレないためには三脚必須で。


などといっていると、重たい一眼レフは消えてしまいます。


1kgで軽いなんていっているようでは。。。

レンズと合わせて、1.5kg以上。


三脚あわせて、????


重くないと面白くないということを言われる方もいます。


3kgのレンズをつけたりします。



それはそれで楽しさがあるものです。



しかし、多数は軽いほうがいいわけです。


だれも、エベレストの頂上まで3kgのカメラを持って行きたくないものです。




ならば、300g以下のコンデジで。となるわけです。


軽い一眼が、、


そもそも、一眼といってもファインダーを見る人はどれくらいいるのか?



女性は化粧がつきます。



ファインダーも安いモデルは、画像のはじが切れてしまいます。


もう、、、弱気になります。




やはり軽い一眼がいいです。


軽ければ、変わったレンズを付けて遊びたいです。


撮影、それ自体が遊びです。




コンデジは画面をタッチするだけで写真が撮れる。



こんなのなんの苦労もおもしろみもないです。




もう、今は一眼自体を持ち歩く人が居なくなってきているので、


なんだか、一眼とかもってるだけでエントリー機でもなんだか、いい気分になれますよ。。




PR

コメント

現在、新しいコメントを受け付けない設定になっています。