忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

現在、新しいコメントを受け付けない設定になっています。

一眼レフカメラの時代は終わってしまうのか?

一眼レフカメラの時代は終わってしまうのか?



このままでは、写真にこだわりがあったフィルム写真を撮っていた人たちはもちろん、

新しいユーザまでも愛想をつかすような気がしてきました。


PCのCPUのようですね。

一時期は、Graphicボードなんてのがもてはやされて、機関車が走るベンチマークテストがあったりして。


嘘みたいに高いGPUボードを追加料金で払って購入したことがあります。


たかが128MBのGPUで1万円以上追加してVISTAマシンとして使うも、パッチばかり出てくるOSでまともに動いた時期は半年くらいで、すぐにXPノートマシンを買い換えましt。


安くて低スペックなのに俄然早い。



数年後、XPのサポート終了という恐ろしい事態で、VISTAを復活させようと試みるも、五回、OSインストールしなおしても起動するだけで落ちる始末。

これも1回のOSインストールは30m、パッチの適用に2日くらいかかって、10日分損した計算です。


嫌ですね。


こういう茶番は。



さて、一眼レフカメラの時代は終わってしまうのか?????????



個人の感想です。嘘かもしれません。ただ、よくない状態のように感じます。




「コンデジが一眼を超えた!」とよく言われますが、そんなはずが??って、


笑い飛ばしていたのは少し前までで。


実際に、新しい各社の発売される一眼レフの画質を見ても、パッとしない。綺麗なのか?

これは小さすぎる、拡大できない!


写真の綺麗さをごまかす人物撮影や、夜景や、ツルッとしたものを写したり、葉が一枚も写っている写真がなかったり。。。


これ悲しいですね。


あるメーカーのサンプルページでさえ、某製品ページなんて、画素を落としまくって圧縮までして、天気の悪い日にロケしていて、露出もアンダーなものばかりで、「画質にこだわるなっていう」っていう暗示かもしれません。


実際、使っている部品が綺麗じゃないものなら、コンパクトでいい部品使っているものには叶わないです。


一眼レフの利点は高画質ですが、それがないならと、写真からさめていく人が増えているようです。
というか、コンデジ高画質へ流れていくようです。


メーカーのいいなりですが。。。。


まあ、とにかく、個人的にはもう、一眼は終わりかな。と思っています。


*個人の感想で、なんら、根拠もありません。勝手な想像です。


自分も新品のカメラ買うくらいなら、スマホが故障した時用に貯金しようかなと思います。はは。だめですね。



でも、コンデジ市場はあついですね。


コンデジじゃないというコンデジが大人気で、


PCなんかより数倍高いのに。買い替え買い替え、


昔のPC時代みたいです。




ほとんど、中古も新品もコンデジの方が数が多いです。



ただ、コンデジって古くなったらほんとに悲しいです。

・耐久性が低め
・レンズが固定。もしくは、レンズを選ぶ


これは言えています。


消耗品として割りきって、費用を算出していくほうがいいです。


レンズ資産?そんなものはあまりないと思います。


経験したことでは、


・耐久性が低め

→レンズが動作する部分に手のひらがあたっただけで故障。
本体価格の50%の修理代金+1ヶ月の待ち


・レンズが固定。もしくは、レンズを選ぶ
メーカーが一緒。やった。往年の名玉レンズをつかえる!!


そう思って調べると、あれ?マウント名称が違う。


マウントアダプターを使ってくださいと。


一応あるみたいです。

ただ、どれが、AF,露出系連動?どれがなにやら、さっぱり。


で、マニュアルでフォーカスだと、思いきや、液晶でピント合わせるって、ほとんど不可能に近いということが分かりました。



ピントがあうと、ランプが点灯する機能があるものは大丈夫です。




ただ、先日、友人がレンズが買えられるというカメラだったのですが、液晶でピント合わせができないことにより、背景がぼやけた写真や、オールドレンズの写真がトレないことが判明し、


本体から買い直すしかないと告げたことがあります。

中古なら安いですから。コンデジのレンズよりも。



かったはいいけど、別にあじのある写真が撮れないなら、コンデジでもジャマだということです。スマホのほうがいいです。



そうして、友人のミラーレスカメラは、おくらいいりとなっているようです。


そのカメラは、手軽に出来る範囲で綺麗に撮るカメラで、スマホで見るなら、スマホがいいし、PCで見ても普通に見れるけど、「別に~~~。」という写真です。


素直なカメラなんですが、それは求めていないようでした。


そんなことで、ミラーレスカメラ=レンズが変えられるコンデジが流行ったのですが、アジのある写真が撮れるレンズなんて、ラインナップされていない!ことが多いようです。

もしくは、高い!


そして、また、固定式レンズでいいコンデジが出てきました。

買い替えです。


こっちの市場のほうが活性化しています。


ということで、個人的にはフィルムで高画質なものへ大判くらいへいきたいのですが、無理です。


中判デジカメが欲しい。


でも、素子の大きさがいいわけじゃなくて、その画質が欲しいだけなんです。



また、中判ですとレンズも選びます。




ということで、ビンテージレンズなんて絶対に再生産されないんだか、大事にもっておけよってことです。

ビンテージジーンズと似ていますね。
PR

コメント

現在、新しいコメントを受け付けない設定になっています。