忍者ブログ

CCD機の復活が始まる!

CCD機の復活が始まる!



CCD機が消えてカメラ界が消滅するのではないかと思っていたのも1日程度で、すぐにいい情報を見つけました。


コンデジでは高級機ではCCDが使われだしていますが、安価な普及機でついにCCDが出るようです。


なんだ、取り越し苦労か。。。



しかし、ここで悔しさが


キヤノンでいえば、

S95→S100→S110→S120、S200(次期発売)

S200がCCD機となるそうです。



はあああああ??



私は、つい先日S100を壊してS110を買ったばかりの愚か者です。


なんだよそれ。



この怒りはどこに、、っていうユーザーがいすぎでしょうと想います。




S200なんて3万円の最低価格がもうついています。



S110買った私は2.7万円払いました。




愚かですね。我ながら。



もう少し注意深ければ。。。。




おそらく、今、一番綺麗だと言われているコンデジと同じか、それ以上でしょう。


少なくとも、CMOSで高級コンデジと言っている高いものよりはだいぶいいでしょう。


あのレンズでCCDになるかと思うと、身震いします。


しかし、S95まではCCDだったんです。


それにもっと昔はみんなCCDでした。


コンデジの価格をみると、今、最新のものは1万円です。


CCD時代のものは最後の方でも2,3万円の値段で止まっていました。安いのはCCDかCMOSか?


これははっきりしていると思われます。しかし、メーカーは逆のことを書いていますね。



CCDをハイビジョンカメラに回したい気持ちは分かりました。


地デジの業務用カメラをみると、CCDばかりです。動画が弱いといわれていたCCDをあえて使うのはなぜか???





わかりました。




とにかく、このままでは、他のカメラメーカーまで悲惨なめに合う。カメラがだめになる。


と思っていたので、良かったです。本当に。



ただ、市場は混乱、ユーザが混乱しますね。


一眼よりもきれいなコンデジ。


値段も4分の1。



これじゃ、一眼で数十万払った人はやるせないですよ。



みんなが分かってしまう。CCDの良さを。
PR

コメント

現在、新しいコメントを受け付けない設定になっています。