忍者ブログ

デジカメのグリップのベトつきを取る方法

デジカメのグリップのベトつきを取る方法




ほんとメーカ様はこんなもの作らないで欲しいのですが、


ある種のすべり止めは、加水分解されてベトベトになるらしいです。



最近、マウスがこうなって、面倒な処理しているからだな。とおもいました。


水で拭いても、アルコールで拭いてもベタベタが増すばかりです。



むかし、壁に投げつけて張り付く、タコのゴムみたいなおもちゃがありました。

あれは、吸着力がおちたら水で洗うと、また、ベトベトにはりつきます。まさにあれです。


たしかに、つかっていてホコリがふちゃくしていけばなんとなく、くっつかなくなっていけばいいなと思います。


それじゃすまない場合、どうにかする方法は実に簡単です。


グリップの下地がゴムじゃない場合限定ですが、


・いらないタオルを用意する。


・アルコールを染み込ませて、こする。


・こすったら、タオルの乾いた部分でゴシゴシと、シールの剥がしのこりみたいなベトベトのノリをこそぎ落とします。



・アルコールでふいてタオルの繊維を落として、触って確認して、べとつかないまで繰り返します。



水でもいいのかもしれませんが、一応、電子機器製品ですので。



デジカメのグリップのベトつきを取る方法ために必要なもの

・タオル
・無水アルコール
・腕力



PR

コメント

現在、新しいコメントを受け付けない設定になっています。