忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

現在、新しいコメントを受け付けない設定になっています。

写真を撮ってもいい場所

写真を撮ってもいい場所


カメラはどんどん高性能になって安くなっていく。。


どんどん撮りたい!

作例を探してもいまいちいいのが見つからない!


なぜか??


無知なりに考えてみました。




おそらく、

屋外撮影=所有者の許可無く、建造物の写真を取り、WEBに公開することができない。。。


室内撮影=商品のデザインなどの著作権物が含まれている写真を、、、、、、


人=身内以外は、肖像権が、、、、


あああああああああああ、



何をとればいいんだ??



答えは、バレないように撮れということのようです。


本当は許可が必要です。確実に。


ただ、結局、個人が特定されない人物写真、

建物の一部、

商品のごく一部分で分からない。


よく、ニュースなんかで、街の映像を流していますが、

通行人に許可とか得てるわけがないですよね。


今じゃ、デジタルで顔なんてバレバレですが。。



ですが、やっぱ、街歩きして写真を撮るって、だめですよね?


観光地なら、思い出に個人の楽しみとしてやるなら許容してあげるって、所有者が許してくれているようなもんで、

ほんとうはだめでしょうし。



公園だって、公共のものですが、許可はいりますが、一応、公共の機関が、個人の写真をがたがた文句言うとも思えない。。



では、どうして、報道は許されるのか???

これは私には理解できない法律があるのでしょう。



だから、いまだに

町並みをWEBにアップしたことがありません。


公共の建物だけはUPしてますが。



だから、作例なんて載せられるか??


ってことで、みんな、昆虫や、花、草、水、川、海、空、鳥、
あと、家族。


をとるんですね。。


だから、まともに考えると、ZOOMで自然の公有地だけの風景を切り取るか、マクロレンズで超マクロの世界を撮るくらいしか、ほんとうは許可無くできない、、、、


だとしたら、35mmの出番はなさそうです。


私には許可をとる自信はありません。


あとは、ぼかし撮影。

ぐるぐるにぼかせば、どこだか、誰だか分からなく撮れます。これならOK!


なんて夢のない話をしてしまいましたが、


権利なんてそんなもんです。


もっと、おおらかな国へ行けばOKなんでしょうが。。


ああ、そうそう、海外の写真はこれみよがしにみんなUPしてますよね。

わからないだろうって。。。


TPPが開始していきなり、USAから訴えられたりしたら、ビビリまくりですね。。

PR

コメント

現在、新しいコメントを受け付けない設定になっています。