忍者ブログ

ニコンにKマウントレンズ アダプター

ニコンにKマウントレンズ アダプター



ほんとに勘弁して下さい。

この規格乱立地獄の世界。


というか日本。相変わらず、規格がバラバラで資産を無駄にする、、、消費を促すわけですが、、、

ホント勘弁です。


レンズとボディって、まさに規格の嵐です。


マウントアダプタで各社繋がらる!!なんてそんな甘いことはありません。



どうしても、つながらないものに、フランジバックという、レンズからセンサーまでの距離が関係していることがあります。



ニコンはこれが長い。


短いと、他のメーカーのレンズに筒を足せばレンズが使えるようになるようです。



普通はただの筒があればいいわけです。


しかし、リコーのレンズが使いたい。今はペンタックスといったほうがいいかもしれませんが。

Kマウントレンズをニコンで使いたい。


こういうのは物理的に筒では無理なようです。


ニコンにKマウントレンズ アダプターで調べると、ほとんどなく、やけにたかいのがあります。

なぜかレンズが付いています。そして、高い。


これで、1.3倍の焦点距離になります。少し暗くなります。
ワイド端がケラれるそうです。。。。もう。。。。。。



散々です。


いい加減にしてほしい。ということの1例です。ほんと一体、どんだけ倉庫で眠っている使えないレンズがあるのでしょうか??????



もったいない。しかし、活かせない!!!


おまけに自分がつけたいレンズ、リコー製で、ペンタックスのデジカメにつけるとはずれなくなることがあります。っていうじゃないですか。。。


つまり、ニコンにKマウントのアダプターが必須ってことですよ。


もうだめじゃないですか。

って、相当な時間かかって調べてたどり着いた結論でした。


ほんと、得るものが何もないという結果で残念でした。。




PR

コメント

現在、新しいコメントを受け付けない設定になっています。