忍者ブログ

望遠レンズの性能を悪く言う理由

望遠レンズの性能を悪く言う理由



 
 ほんとうに性能が悪いとぼけます、解像度が下がる、


しかし、それ以前に、

カメラ屋さんがいうには、ピントが合ってない、ブレていることが原因としておおいようです。



また、明るさからFを開放で使う、それに近い数値で使うことを目指しますが、ほんとうはFは大きいほうが鮮明なはず。



そこにも写りが下がる理由があるような気がします。



海外のサイトで、

ある日本のレンズの注意点として、




・Zoomすると画質が下がります。


・Fは8以上で使う方がいい。



と、ご丁寧に書いてありました。


もはや、この常識が通用しない感じになりつつありますが。。



開放から、ビシっと写って、Fは明るく、、、無茶言うな、、、って気がしますね。。。


Fは絞るためにあるのに。と。



だから、明るいのに妙にゴリゴリした感じするレンズがあるのか?


と、想像したりします。



知識ないのでわかりません。


しかし、

Fが開放なら、いいですよ。ぼやっとして、


絞ればいいわけです。


暗いとだめ???



いまはISOがめちゃくちゃあがりますから。


そこで行きましょう。


ノイズ?だいぶ減りました。夜じゃなければ、それほど目立ちにくいと思います。


それに、望遠は屋外ですから、問題ないはずだと。。。。。


手振れ、ピンぼけ、F絞り足らず、



これは避けたいです。


PR

コメント

現在、新しいコメントを受け付けない設定になっています。