忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

現在、新しいコメントを受け付けない設定になっています。

重要説明責任事項-近隣の騒音

重要説明責任事項-近隣の騒音


たとえば、不動産を、住居を購入する人は少し考えたほうがいいです。




重要説明責任事項ってありますが、



その土地のことはよく説明してくれますが、まわりにどんな家があるか?



そんなことは知りません。


カラオケ店の横で、深夜に換気扇から歌声が、、、




これは文句を言ったら、不動産屋が換気扇を塞いでくれたそうです。




でも、カラオケ店の方が塞ぐ義務があります。



業務でやってるほうは責任を追求される。でも、商業地域で言われたら、しょうもないですね。



工業地域で、工場の音をなんとかしてくれとか、



駅前にガンガン家を建てておいて、いまさら、



なんで、農地には家が建たないのに、



宅地、商業地域、工業地域、原野、山林、雑種地、、、、、、、、、市街化調整区域


家がたつんだ?????



おかしすぎます。この国の法律は。




これじゃ、まともに個人がなんか権利を求めても無理だなッて思います。


ただ、自己防衛、文句いったもんがち、な気がします。





はっきりいって、のばなし、手つかずの部分が多いのがこの国。



だって、財政難ですもの。



もう、今後、財政が立て直すことも、、、さらには海外に完全に権限を取られるように流れつつ有ります。



もう、いいなりしかありません。


いやなら、国債買わせないぞって、いえちゃいます。


毎年、そうやって圧がかかります。



だから、年貢は重いでしょう。


社会主義国なみに。



福利厚生は資本主義の先端のように薄いでしょう。



これが未来です。






隣がうるさきゃ、耳栓買うとか、自己防衛しかありません。



うるさくても、直接言うと今度は仕返しに怯えます。


業者じゃない限り、言えません。



まさに、個人が出す騒音は、危険と隣り合わせです。






まーーー、どこへ言っても騒音はある。しかし、家ってのがうざいです。




だから、思います。



家も、車のようにリースが一番。




ただ、戸建てのリースがいいですね。



まあ、仕事によります。


リーマンは会社の寮で社宅でいいんです。



確かに社宅は騒音とかというレベルじゃないストレスが多いそうです。





まあ、そういうちょっと、夢見ていた時代があったわけです。



しかし、経済は破綻してもう贅沢は言えない!


隣人が騒音を振りまく家だろうが、なんだろうが、国民は耐えるのみしかありません。



そのうち、年貢が上がり全部持っていかれるわけです。



そういう不満が貯まると、、、危険なことになりますね。
世界各地でそういう事が起きているのも、納得です。



つまり、経済。


だが、経済なんて、ほんとはチャラ、紙きれなんて印刷すりゃいいだろ。


って、ことで世界が協力すればどうにかなります。



それができないのが、だめなところです。


金持ちは金を払いたくない!


そういうことです。






PR

コメント

現在、新しいコメントを受け付けない設定になっています。