忍者ブログ

nikon D3100のオススメのレンズは、昔の単焦点レンズ

nikon D3100のオススメのレンズは、昔の単焦点レンズ





エントリーモデルだといってあなどってはいけない!


一眼レフでは、売上台数のほとんどがエントリーモデルだそうです。
なんか、エントリーモデルだし、、といって、劣等感を持っていたり、D7000などの高級な中級機だと少し、自慢げにつかっていますが、みたいに言う風潮があります。。。


ほんとおかしな話です。やっぱ、モノには、モノ相応の価格ってあると思うんです。収入が決まっている以上、可処分所得を何%回すかって、普通の判断で考えると、エントリーモデルが適切なんだと思います。

それをあまり、エントリーモデルだしと言われると、ちょっと、、がっかり、高級機のお陰でエントリーモデルに良い性能が付いていると言われてきましたが、売上を見ると、エントリーモデルのお陰で高級機が継続販売できるようなものですとも言えてしまいます。


なんか、悲しいですね。

それにしても、出すお金によって、初級か中級か、上級かがきまる!格付け、ステータス付けが身にしみついているかのようで、少しおもしろいです。

初級機を使っていると、カメラ技術が初級?金さえ出せば上級者になれるのでしょうか?

ほんとうに意味が無い分類だと思います。

難しいところだと思います。メーカーも、同じ物を違う値段で販売するわけですから。
ほんとうは1機種でいいはずなのですが、せめて、2機種くらいでいいと思います。

正直、そんなにいくつも系統があってもしかたがないと思いますが。。。



もっと不思議なのは、

グーグルで検索されている回数が、nikon、もしくはニコン、+ D3100 という言葉で見ると、世界と日本では、100倍くらいの差があります。

これはなぜ?出荷台数の差でしょうか。。

って、日本が100じゃないですよ。日本が1ですよ。




日本の出荷台数の100倍を世界へ輸出している?そんなわけありません、と思います。


おかしいですよね??


どうやら、国内の人はインターネットで検索して情報を集めるということをしていないようです。

世界の方が圧倒的にしている、おそらく英語圏が多いのでしょうが。。


いや、ほんとうにびっくりしました。海外の事なら、日本が少ないのは納得ですが、日本のことでこれほどに差が開くとは、、、、


たしかに、身近に店舗があったりするので、自分で調べる必要がないのかもしれません。。。







nikon D3100のオススメのレンズ


それではどういうレンズがオススメなのかと言いますと、やはり、標準ズームは必要です。18-55mmのレンズは使いやすさ抜群です。

近距離にも強く、小さいものまで撮影できます。



次に、ズームレンズでも望遠タイプが欲しくなります。

ここで、普通は200mmか300mmくらいまでのズームレンズを買うと思います。


おそらく、ダブルレンズキットについています。


そこで満足できない場合は、次に進むことになります。



nikon D3100で何を撮るか?


もちろん、それが決まっている人は悩まないと思います。悩むとすればお財布と相談するくらいです。


そうです。何を撮るかが想定できない、まだ、カメラをどうやって楽しんだらいいか模索中の段階では、撮るものなんて分かりません。自分もそうでした。



まずは、カメラが楽しい。一眼レフって凄いっていう感動を味わわないと、重くて飽きられて終わってしまいます。



そこで、何を撮りますか??


というより、どうやったら、一眼レフで良かったって思えるか?を考えます。

すると、



一番簡単なのが、マクロ撮影です。


これはいいです。マクロレンズを買えば、オートフォーカスも効きますし、簡単便利でとてもおもしろい写真が撮れてしまいます。


あらっぽくいうと、買うなら、社外製でよければ、マクロも望遠も普通にズームレンズとしても使えるものがいいのではないかと思います。


AF性能がどうこうっていう話もありますが、いや、いい写真が撮れます。


それを買う余裕が無い人は、MF(マニュアルフォーカス)に慣れてみると面白いことになります。でも、ここまではかなり面倒です。


安いAFのレンズですと、AFのレンズだと中古でもそこそこの値段がしますので、安いとも言いがたいのですが、撮った写真に感動できるものがいいです。


そうなると、やはり、MF時代の単焦点レンズがすごいGOODです。


また、ZOOMもいいものはかなり、心地良い写真が撮れます。


もう、ここはカメラは楽にとるのではなく、一眼レフは撮る過程を楽しむものとしましょう。。。


なれれば、MFなんて簡単です。


F値だの、ISOだの、、って、撮った写真が見れますから、本当に問題ないです。





古いレンズも装着できる nikon D3100




そういうとき、実は結構、オールドレンズでも装着できないタイプがあります。


同じニコンのFマウントでも非Aiというものだけはかなりの機種でレンズが装着出来ません。

そういうとき、このnikon D3100やD40だと装着できてしまいます。


これは、ほんとうにエントリーモデルでありながらおいしいところです。



何が?おいしい?


というのも、レンズはほとんど、昔から基本的な構成は変わっていないので、むしろ、いいものがある場合もあります。


オールドレンズってたくさんありそう?っていうほどたくさんもありません。


ニコン用でオークションを探せば、値段も入れて検索すれば、しばらく眺めていれば、おおかたの機種はわかると思います。


そのうちに、昔のものはZOOMはそこそこで、単焦点が光っていることに気がつき始めます。

もちろん、ZOOMとしてはいいですが、画質では単焦点よりは落ちてしまいます。


構造的にそれは仕方がありません。



そして、とくに単焦点がいい理由は、今まで考えもしなかった写真が撮れるということです。


何よりも美味しいところは、非Aiレンズが買えるということです。
(もしかしたら、ダメなものもあるかもしれません。また、無理して壊したりしないでください。詳しくはメーカーの説明に従ってください。)


これはカニの爪のような金具に切れ目があるだけで、2つの穴がないタイプです。

これは他のカメラに付けられない、とくに中級機という、少しこだわりはじめた人が使うカメラにつかないというジレンマを持っています。


このため、非AiとAiレンズでは値段が3倍くらい違います。これが結構な違いとなってきます。


一応、人気のため、単焦点レンズはオールドレンズでも高いんですが、特に、当時の販売価格と40年くらい経った今での価格をZOOMと比較すると半端ない開きがあります。


すると、安い値段で人気の単焦点オールドレンズがかえてしまうわけです。


といっても、一応、札は必要だと思います。送料と合わせると、居酒屋1回分以上かもしれません。

1コインでは買えないようです。ZOOMだとかえてしまうという恐ろしい世界です。


当時の100分の1くらいの値段です。





それはさておき、

nikon D3100のオススメのレンズは、昔の単焦点レンズだといいましたが、焦点距離は??いくつがいいか?


オススメは50mmです。

レンズの構造上、シンプルで一番、性能が出やすいようです。

これだけでは??

と、思いますが、結構使えます。遊べます。


D3100にはどの50mm単焦点オールドレンズを買えばいいのか?

小さい違いはたくさんありますが、安くて手に入るものは、

シンプルに考えると、2系統しかありません。



こう考えると楽です。


オークションで安く手に入る50mmオールドレンズは、

f1.4系統と、f2系統だと言えるようです。詳しいことはあまり良くわかりません。ミスったらすみません。


・f2系統は途中からf1.8へと変わりました。
・f1.4系統はそのままです。


これだけで、50mmレンズの分類分けが、ぐっと、簡単になりました。

大きく分ければ、ただ、これだけです。細かいところはお調べください。


状態はいいほうがいいです。分解はかなり大変です。

ジャンクと書いてなければそこそこのもので、普通に撮れると思います。ジャンクでカビがあってもちゃんと撮れる場合もあります。

ここは安いもので運試しするかどうかですが、自分の価値観です。



それはさておき、


F2,F1.8系統とF1.4系統どっちがいいのか?


まだ、比較中ですが、一般的に言われているのは、


F2,F1.8系統
・fが開放からそこそこ、くっきり映る。

F1.4系統
・f開放はぼやっとして、絞るとくっきりする。


どちらがいいか?使い勝手は?などとありますが、

どちらも現在まで、バージョンアップされて販売されていました。


一応、値段でいうと、F1.4系統の方が高く、上位のようです。


しかし、評価や口コミでは、F2,F1.8系統のくっきり、すっきり感、クリア感、シャープさはニコンレンズ中、一番のもののうちの1つだと言います。




単焦点レンズとテレコンを使う


さて、買ったはいいですが、DX機で1.5倍されても、50mmは75mm相当です。

最短撮影距離は、初期型は0.6m。以降は0.45mとなっているようです。


だとすると、もっと、大きく撮りたい!という願望がわきます。

ここで、テレコンです。テレコンバージョンレンズです。


これもオークションで二倍を安く手に入れられます。

二倍して、50mmが100mmとなり、150mm相当になります。

かなりいいですね。F1.4の150mm。

昔は考えられないものです。


明るさは暗くなります。1段か、2段か、不明です。


一応、暗くはなりますが、
F開放での被写界深度の浅さやぼやっと感は健在です。むしろ、テレコンをつけるとさらに浅くなります。

通常、二倍すると、二分の1になるといいます。


ここで、非Aiのレンズならば、テレコンもカニの爪に刺す棒が付いているタイプの方がいいかと思います。

なにか、少し新しいものを買ったら、非Aiレンズにつかないテレコンがありました。

一応、そこのあたりは気をつけるといいかもしれません。別に、カニの爪や棒はカメラ本体には何も影響を与えないのですが、、



D3100にオールドレンズとオールドテレコンをつけた画質は?


テレコンなしだと、もちろん、文句なしにいいです。


テレコンつけたら?あまり気になるほど違いは感じられませんでした。

撮るものや、テレコンの種類によります。


これで、花ぐらいは大きく撮れるようになりました。


F1.4レンズ(非Ai) 5000円
テレコン(棒が付いているタイプ)1000円



最短撮影距離は変わらず、100mmレンズになるわけです。


100mmレンズを買っても最短距離が1mとかだったりすると、ものを大きくとるほど近づくことはできないので、0.6m、0.45mから撮れるほうが有利だと言えます。



単焦点レンズ+マクロリングもありです。



これは、絞りが自分でレンズ側で変えられるため、どういうタイプのマクロリングでも対応できそうです。

新しいタイプのAFレンズなどは使えませんでした。











この絞り連動レバーがマクロリング側にないと連動できません。というよりも、電気接点がないと、絞りをかえることができません。

レバーはこの状態で、絞りきっています。真っ暗というくらい暗いです。
PR