忍者ブログ

HP Deskjet 3520 詰替えインクを安くする方法!

HP Deskjet 3520 詰替えインクを安くする方法!




これが、大事。



紙なんて、今や安い安い。


PPCA4 500枚 350円からGETできました。


写真用紙も400枚で1000円でした。


1枚2.5円。今回、無駄に初期セット調整のために20枚くらい使いました。20円でしょうか





インクは??????????





メッセージが、、、、、インクが少なくなっています!!!!!!!!!!!




まだ、写真20枚とテストパタン20枚くらいなんですが。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。




HPってどれだけインクでぼったくろうとしているのだろうか?





なんでも


キヤノンのときは1タンク8ccくらい入れていたような、



HPは詰め替えサイトを見ていると、3cc????????




激しいですね。3分の1。





インクタンクを純正で買う人っているのか?????




もし居たら、キヤノンとHPがタンクが値段に差がなければ、HPのほうが3倍かかります。



インクなんて、燃費みたいなもんで、いくら印刷できますよ!ってかいてあっても、そんなにうまくいきません。




ほんとうに、今回は、HP Deskjet 3520は写真L判で100枚いけないでしょうか??




画質が綺麗じゃ、だめなんでしょうか??



これで、4色かえたら、3000円とか払ったら、1枚30円の写真となります。




カメラ屋に行ってプリントしてもらえ。






もっと、重要なのが、A4 PPC


WEBPAGEとか印刷すると、あっという間に、、、、、100枚なんて、3回くらい使ったらいってしまいます。




たっっけえ!!!



インク代を安く済ます方法




1.代替メーカーが発売しているカートリッジを買う。



2.ボトル入詰替えインクを買って使う。



3.100円ショップの詰替えインクを買って使う。




2.まではやっています。これだけでもう充分。画質?


そんなの分からない!

ディスプレイのほうが今どきは綺麗です。

今は、キヤノンのときに買ったボトルインクがまだだいぶあります。

30回くらいはいけそうです。


これでも3000円くらい払っているんですよ。


ただ、これで5年以上は行けそうですから、ほぼ、紙代だけ考えればいいかな、という感じです。




3.は怖いと思っていましたが、もう、普通に顔料インクのところに染料入れたりする無茶もあるようですから。

次回からはこれです。


3000円が500円に変わるだけです。



顔料インクは無いでしょう。


顔料のところに染料を入れるか。。



昔は水に濡れると困るものもあったので、顔料必須でしたが、今はどうでもいいので、いいです。



絶対に安く済ませてやる!!


その気持が大事です。


「テクニック」


・空気穴を拡張

・空気穴から息を吹き込んで圧をかける

・インクを入れるところがなければ、排出口から染み込ませる。

・手がインクだらけになってもあせるな! 風呂に入れば、頭を洗うときに落ちる。

ただし、絨毯だけは汚すな!



*これらのことは、真似して、何かあっても全て自己責任です。

お願いします。



PR

コメント

現在、新しいコメントを受け付けない設定になっています。